be動詞がわからない!

って、先週言っていた6年生クラスに、

久しぶりに
「女王蜂 be」登場。

 

女王蜂beは、自分では働きません。
働き蜂を3匹、「amちゃん」「isくん」「areくん」
生みました。

女王「あ、お花のIさんが呼んでる!
誰か密じゃなくて蜜をもらいに行って!」

amちゃん「は~~い!」

なんてやっていたら、
「せ、せんせい、私たちのこと
幼稚園児だと思ってる?」

と言われちゃいましたが、

めげずに続けたら、
「わかってきた」
と言ってくれました。

でも、
「どうして、are だけ、we, you, theyのところに行くの!?」
と 強く質問されても、

「そういうこと」
としか言えませんでした。

私は、お利口な子供ではなかったらしく
何事にもあまり疑問を持たず、

「そういうものか~」
と受けてきたので、

疑問を持つ子どもがうらやましいです。

次回までに いいこじつけ?を
考えてみます。