生徒さんの声

ポピンズ トドラーのみなさん

大江卓人くん(5歳)、真友人くん(3歳)

お母様:長男が1才3カ月から次男も1歳2カ月からポピンズトドラーに通わせて頂きました。
1時間のレッスンに歌や体を動かしたり、絵本、クラフト、おやつの時間、という風に幼児が飽きないような構成内容になっており、 1~2歳でも楽しんで通うことができました。特にクラフトは素晴らしく、思い出に残る作品が沢山できました。
お教室では英語を口に出さなくても家で歌を口ずさんだり自然と覚えていて、慣れてくると発言したりするようになりました。
単に英語のお教室としてだけでなく幼稚園前の教室活動の練習にもなったと思います。
イギリスに子連れでホームステイをしましたが、周りの大人の真似をして会話をしようとするなど成長した姿に驚きました。
英語に親しむには子どもの興味のあることから入るのも一つの方法かと感じました。
ひとみ先生の多様なレッスン内容の中にもそのきっかけがあると思います。

園児クラスのみなさん

丸子教室: 竹谷聡太郎くん(6歳)

聡太郎くん:BBカードが楽しくて 家でもやっているよ。
お父様:フェイスブックページで教室の活動などを知っていたので、入会の不安はありませんでしたが、 元気な男の子なので暴れないか心配しました。でも雰囲気のいいクラスで、『英語教室楽しい!』と言っています。

アソカ教室: 駒村玲旺くん(4歳)

玲旺くん:BBカードを1、2、3でめくるのと、お絵かきや、英語の音を覚えるのが楽しいよ。
お母様:トドラーからお世話になっていますが、無理やり詰め込むのでなく、遊びながら英語を使うことで自然に覚えられているようで、そういうところがいいなあと思い続けています。 今すぐ英語が使えるわけではないですが、どれくらいか経って突然英語を言ってみたり、記憶の中で結びついた時、ふとしたときに英語がスラスラ出てくる瞬間があり、 子供の記憶力と無意識に覚えていることに感動しました!
本人は訳も分からず口ずさんでいることも、いつかその意味が分かって使えるようになることが今後の英語力になるのではないでしょうか?
長い目で見て、英語が楽しいものだ!!ってことを早い段階で認識させること、英語に苦手意識を持つことなく、遊びの中で覚え自分のものにすること、 これがポピンズ英語教室では出来るので親としてもうれしい限りです!
親として一番気になるお月謝や教材費も大きな負担になることなく、それでいて質が高いと思います。
なぜなら先生はいつでも勉強熱心で、新しい勉強方法や子供たちが飽きない工夫をしているので、安心してまかせられます!

小学生クラスのみなさん

丸子教室: 高田紗希ちゃん、花村藍海ちゃん(9歳 3年生)

藍海ちゃん:幼稚園に入る前はママと一緒に、小学生になってからは一人でポピンズに通っています。 最近ひとみ先生に「英検5級受けたい人いる?」と聞かれるまでポピンズが楽しすぎるので、英語がお勉強なんだと知りませんでした。 いとこのお兄ちゃんが休むときは代わりに行きたいほど、毎日でも行きたいです。英検も挑戦したくなりました。
お母様:藍海は頑張り屋さんなので、厳しいお稽古にいくつか通っています。ポピンズは息抜きのように楽しんでいる様子に、とてもありがたく思っています。

紗希ちゃん:英語は読むのも書くのも難しくてきらいだったけど、今は楽しいよ。
お母様:1、2年前から英語教室に通って欲しかったのですが、通うのをずっと拒否されていました。 藍海ちゃんのお母さんにポピンズを紹介され、体験に行ったら、英語が何も分からなくても楽しかったみたいで、即入会。 今は毎回楽しく通っています。

アソカ教室: 杉林岳竜くん(9歳 4年生)

岳竜くん:ポピンズに入る前は 英語をうまくしゃべることが出来るか不安でしたが、先に入ったお友達がしゃべるのを聞いて僕も出来ると思いました。 何度も聞くうちに自然と覚えていくことが出来て不安がなくなりました。
英語を覚えたら、カナダに住むお母さんのお友達夫婦のお宅にホームステイするのが夢です。
お母様:普段は宿題をする素振りもないし、本当に英語を楽しめているのか?覚えているのか?と思っていましたが、簡単な単語は読めることが出来るし先生が楽しませてくださるので嫌がらずに行く唯一の習い事がポピンズさんです。いつもありがとうございます!

中学生クラスのみなさん

丸子教室: K.O.くんのお母様より

長男は、中二から定期テストの英語の点数がとれなくなくなりました。 三者面談で、『英語は3になっていますが、限りなく2に近いです。』と言われて しまいました。『英語を何とかしたいけど、どうしたらいいかわからない。どこ が分からないのか、わからない。。』と困っていました。次女(姉・高2)が小 1からお世話になっている、ポピンズの國見先生にご相談させていただきました。 どこからわからなくなったのか、はっきりしなかったので、中1の復習から始め てくださることになり、通い始めました。
教室に通い始めたばかりは、ひたすら音読をする事に息子は少し戸惑っていま した。
しかし、何回か通い続けるうちに、『英語をどうやって勉強すればいいのか、ず っとわからなかったんだ。やっと、勉強のやり方が分かった。もっと、早くから 通えばよかった。』と言いました。最近、母親に頼み事をする時に、笑いながら わざと英語で言ってくるようになりました。
実は、長女(大学4)も、高3の1年間、週一回のペースで、國見先生にお世話 になりました。長女も、中学から英語は本当に苦手でした。高校に入って、お世 話になるまでは、約5割しか点数が取れませんでした。当日のセンター試験のヒ ヤリングは、自己採点で約8割も取れました。國見先生の『音読』を中心とした ご指導方法の効果を、本当に実感したのは長女だと思います。センター試験から 帰宅すると『ヒヤリングの音声を聞いている時、わかる!と思えたのが不思議だ った。自分でびっくりした。』と言っていました。
我が家の子供達に共通するのが、『塾に通うのが大嫌い』な3人です。学校か らやっと家に帰ってきたのに、なぜまた外出しなきゃならないの?と言って、塾 には行きたがりません。なぜかポピンズに続けて通うようになったのは、『英語 が分かった。面白い。』と、英語の勉強を楽しい体験としてご指導してくださる 國見先生のおかげです。
わが息子のように『英語が苦手で困っているけど、いきなり塾は敷居が高いな』、 と思われる生徒さんがいたら、一度、ポピンズの体験に来てみてはいかがでしょ うか?進学塾のように学校の進度にあわせて英語を詰め込むのではなく、わから なくなって困ったところを探して、丁寧にご指導してくださいます。

高校生クラスのみなさん

丸子教室: 西出一葉さん(高校生)

一葉さん:私は、小学校5年生の秋から通っています。
ポピンズに入ってから 英語に触れることが多くなり、とても興味を持つようになりました。
6年生の夏、先生に薦められて「ヤングアメリカンズ」という外国の方たちと、踊ったり、歌ったりする ワークショップに参加しました。そこでは日本人が少なく、ほとんど英語で話していたので、それが終わると もっと英語が使えるようになりたい!と思いました。
ポピンズでは、BBカードを使ったレッスンなので、楽しみながら、文法や単語の綴りを得ることが出来ます。
小学生の頃は何気なくやっていたゲームでしたが、センテンスが頭の中に入っているので、学校でもよく役立ちます。
私は中学校3年生のとき、学校の代表として、スピーチコンテストに挑戦しました。その時、何についてスピーチするのか、 どんな構成にするのかなどを考える上で、先生はたくさん協力してくださいました。ジェスチャーの使い方や発音の仕方など たくさんのことを教えていただいたので、県大会まで進むことが出来ました。これからも、もっと上手に英語でスピーチがしたいと思っています。

お母様: 6年生から友達4人と始めたせいか、「楽しい英語」として入ることが出来ました。
中学生になると テスト対策などもやっていただきましたが、先生には勉強以外でも娘の興味のあることを共有していただきました。
たとえば、「こんな洋楽どう?」と教えていただいた時など、家に帰ると早速いろいろ調べていました。自然に英語の世界が広がっています。
スピーチコンテストでは 一緒に考えていただき、高円宮杯(県大会)まで進むことが出来ました。

卒業生のみなさん

小前勇悟さん(大学生)

僕は、ポピンズ英語教室に小さい頃から通っていましたが、ポピンズの1番のよさは「楽しみながら英語を学べること」だと思います。
BBカードなどを使ってゲームをしながら、カードのテキストや動詞の活用を繰り返しアウトプットすることによって、楽しみながら英語を学べます。 最初はテキストの意味が理解出来ないかも知れませんが大丈夫です。 繰り返しアウトプットすることにより、文法やイディオムや単語、動詞活用が音として頭に残り、後の(学校での)学習の大きな助けとなります。
僕は、塾の講師のバイトを現在していますが、ほとんどの中学生・高校生は上記のことに苦労しています。 それは、声に出してアウトプットする機会がほとんどないためにすぐ忘れてしまったり、勉強=苦しいものとなっていたりするからだと思います。 僕は、ポピンズに通うことで、ほとんどの学生が苦労することを比較的楽しみながら覚えられたと思います。 また、教室での学習の中で友達ができたり、学年によっては英検対策から受験勉強など、 それぞれのやりたいことに対応してくれたりすることも、ポピンズの良さだと思います。

 

鈴木友里江さん(高校教師)

「英語が楽しい、もっと勉強したい」という思いにさせてくれたのがポピンズでした。
私はポピンズに小学校から中学まで通っていましたが、他のどの習い事もよりも楽しく、通うのを心待ちにしてました。 先生は私たちが飽きないように、テキストや学校の勉強だけではなく、ゲームや英語劇、ハロウィンやイースターなどのイベント、 夏にはイングリッシュキャンプに行く機会等を用意してくれたのを覚えています。遊びの要素の中にも必ず学びがあり自然と英語を身につけられました。
私は大学時代は1年間アメリカに留学し、今は高校で英語の教員として働いています。
大学受験や留学中は英語の勉強は楽しいだけではなく苦労することも多かったですが、ポピンズに通っていた当時の英語が楽しかった、 もっとできるようになりたかった気持ち励みに頑張ることができました!
そのような気持ちにさせてくれた原点のポピンズに本当に感謝しています。

ポピンズ英語教室
ホーム | 入会案内 | 丸子教室 | アソカ教室 | 生徒さんの声 | お問い合わせ