ブログ更新情報

クワガタが逃げた!

Rちゃんが、虫かごを持ってきました。
入っていたのは、

小さい クワガタ(stag beetle)

教室は 蚊取り線香を焚いていたので、
虫かごは玄関に置いて、

歌ったり、
書いたり、
読んだり、
BBカードで英語をいっぱい言って、

いつものように
May I have a candy?

と、キャンディーをもらって
See you!

と 玄関へ出たら、
虫かごが空でした!

どうやって逃げたのか?
どこに行ったのか?

この夏最初のミステリーだ!
ヘビやカエルでなくて良かった~
と 1人残された教室で不安な夜をすごしています。



先生の労働時間

Yuki先生の「やさしい英語ニュース」、
高校生と
「日本の教員の過剰労働」についてを読みました。

 

OECD経済協力開発機構の2018年度の調査で、
日本の先生方の労働時間は48か国中一番長いそうです。

授業数は他国の平均より少ないのに
部活や事務仕事に時間を取られているということは
以前から知っていましたが、

1週間あたりの就業時間が、
小学校の先生 54.4時間
中学校の先生 56時間

と読んで みんなで感じたのは
実際は もっともっと長く
先生方は仕事をなさっているのではないかということ。

M君の先生は、
夜中まで学校で仕事をしていて
警備会社から
「又ですか、早くお帰り下さい!」
と 電話がかかってくる日々とか。

 

プリントの最後の質問、
What do you think about the news?
このニュースについて、どう思いますか。

になると、
「I don’t want to be a teacher!
先生にだけはならない!」

と本当に嫌そうな顔をするIくんでした。

学校の先生方
本当にお疲れ様です。
子どもたちのために ありがとうございます。
先生方の働き方改革が進むことを望みます。



「魔法の英語学習法 BBメソッド」

ポピンズ英語教室で、
幼児、小学生クラスのメイン教材、
「BBカード」の製作者、難波悦子先生が
6月に新しい書籍を出版されました。

学校でも、家庭でも、
もちろん英語教室においても、

頑張らせたり、教え込んだり、比べたりしないで
遊んで、自分から気付き、
英語のリズムと語感を身につける

この「BBメソッド」が広く受け入れられれば
子どもたち、みんな英語が大好き、大得意になることでしょう。

そんな願いをこめて書かれたご本です。

教室生のご家庭の皆さんにも
ぜひお読みいただきたいと思います。

 

BBカードについては こちら≫

SELM児童英語研究会(BBカード)のホームページは こちら≫

 

写真は
梅雨の合間に忙しく蜜を吸う蝶。羽が痛んでいるようでした。



英語で歌いたい!

新しいプリンターも届いたので、
木曜日の5年生に出された宿題をやりました。

5年生の6人(1人は6年生)は
オリジナルの人形劇のビデオ撮りに向かって
張り切っています。
そのビデオ撮り、編集、テロップ入れなどもろもろにも
自信のない私に、

「今学校で『栄光への架け橋』を歌っているよ。
先生、挿入歌は これの英語バージョンにしようよ」

え~?英語バージョンあるの?

「学校で先生がゆずの動画探していたとき
英語版があったよ」

ということで
探したら、ありました。

カストロさんと仰る
いろいろ英語で歌っていらっしゃる方ですね。

 

そこで 宿題の
歌詞プリント作りをやりました。

でも、
ゆずは 私の守備範囲になかったんですよね。
よく耳にする歌ではあるけど
このメロディーを歌えるのか。。。

いい歌ですが、
日本語のために作られたメロディーで
英語の歌詞を歌う難しさもあります。

とにかく やりたいと言ってるみんなと
楽しむことにしましょう。

 

ベランダに、ミニ水蓮がかわいく咲きました。



なぜポピンズ英語教室?

今週は
同じ静岡県の西部にお住まいの
H先生が考案されたゲームで
盛り上がっています。

BBカードの先生(会員)は
年に一度の夏のワークショップや
毎月のニュースレター、ホームページで
アイデアをシェアしています。

「ゲームは いつも先生が考えるの?」
と Sちゃんに聞かれたので、

そればかりじゃないよ、
と、上のことを話すと、

 

「その H先生のお教室も
ポピンズって言うの?
BBカードの教室はみんな ポピンズなの?」って聞かれました。

違うよ。
ポピンズという名の教室は
多分ここだけだと思うよ。

「なんで ポピンズなの?」

それはね、
先生が メリー・ポピンズを好きだから。

と答えたのですが、

 

そのクラスの6人、
誰も メリー・ポピンズを知らなかった!!!

 

メリー・ポピンズはね、
子どもたちが
「めんどうくさいな~」とか
「キライだな~」と思うことを

「楽しい!」
「もっと やりたい!」
に変えてしまう魔法が使えます。

わたくし、みんなが英語のことを
「めんどうくさい!」とか
「きらい!」
「苦手!」と思わすに、

「楽しい!」
「大好き!」
「大得意!」と思ってくれたらと、

魔法の力を磨く(?)
毎日なのですよ。

 

 



プリンターの故障

最近、ものが壊れます。

購入したばかりのノートパソコンが
数日で 画面真っ暗!

これは 初期不良だろうということで
メーカーに送り、修理待ち

 

今日は プリンターが、
故障のサイン。

大変!!
これが使えないと
頑張って作った教材プリントが
印刷できません!

このプリンターはもう数年使っています。
以前使っていたものの修理を電話でご相談したら
新しいものを買ったほうがいいくらいの
修理費用でした。

そして 何より
修理には日数がかかります。
諦めて
新しいものを購入することにしました。

夜の10時過ぎからこんな時間、
日付が変わるまで
ネットで調べながら考えました。

両面印刷が出来て
印刷スピードと
インクコスト

この条件で選んだのが
これです。

そして お値段は
もうちょっとお安いお店もあったけど
何より 明日、金曜日の朝には着く
Amazonにしました。

 

何か壊れだすと
次々壊れますよね~~
これで終わりにして欲しいな!



I want to fly!

今日は アソカ教室で
短冊を書きました。

笹は、
ホワイトボードに ちゃちゃっと描いておいたら
案の定、ショボいと言われました。

みんなの短冊で いっぱいになりました。

家族の健康を願うもの、
パティシエになりたい、
声優になりたい、

そんな中、

年長さんのAちゃんは

I want to fly.(飛びたい!)

だそうです。
叶うといいな~~~!

 



幕末か!

ネットか何かで、
「スマホの機種でいじめがある」と
読んだことがあるのですが、
本当なんですね。

中学生、i-phoneでないと
肩身が狭いんですって。

一緒に写真撮ろうとしたら、
拒否されるそうです。

画質が悪いから
そんなので私を撮らないで!って

何が大事か
肝心なことが分かってない。
悲しいな~

二人の間の
同じ画面にいようという
気持ちが一番でしょう。

まるで、
写真機に魂を取られると恐れた
幕末の人じゃないですか。

もうちょっと
賢くなってほしい。

私、誕生日を迎えたばかりで
めでたいんですけど、

このことは
腹が立っています。



七夕

今年も 短冊を書いています。

 

小学生、やっぱり多いのが
「I want to be rich.」

 

中学生は
「I want to get good grade.」
や、部活関係

幼児さんは
お名前を英語で書いて、
「ウルトラマンになりたい」
「ドライブになりたい」

など、ヒーローになりたい気持ちを絵にしました。

 

 

と、ところが、
夕べ笹を室内に入れるのをすっかり忘れて、

今朝見ると、
案の定 笹が倒れ、
短冊は雨の中にちりばまっていました。

 

早速レスキュー

 

そして 何とか笹に戻しました。

みんなの願いが叶いますように~~



Draw10!

BBカードは、トランプゲームなら
ほとんどできるのですが、

みんなが大好きなのが UNO(もどき)

片面が白いカードに
みんなで Draw2や Skipなどの
役カードを作っておいて
遊びます。

Yくんったら、
なんと、
Draw 10のカードを作っちゃいました!

なんとも 憎ったらしいカード!
これを出されたら、10枚引かなければならないんです。

夜にこのカードを使った中学生も
大盛り上がりでした。