K・Tさん(海上自衛隊)~教えて、先ぱい!7つの質問

「教えて、先ぱい!7つの質問」

ポピンズの卒業生のみなさんに
小学生がインタビュー!

4人目は K・Tさんです。

Q1 現在のお仕事と、これまでの経歴など

海上自衛官です。現在は、弾道ミサイルの脅威から日本を防衛する関係の仕事をしています。以前には、東日本大震災の災害派遣活動やアフリカ・ソマリア沖の海賊対処活動、その他海外派遣訓練等にも参加したことがあります。

Q2 子どもの頃の夢は?(何歳の頃? どんな?)

幼稚園の頃は電車の運転士、小学生の頃は大工でした。今の仕事とは全く関係ないですね(笑)

Q3 どんな子どもでしたか?努力したことなど教えて下さい。

基本的に怠け者でした(笑)。けれどもやるときはやるし、自分の好きな事はのめり込むタイプでした。

Q4 英語教室の思い出は? 英語をやっていて良かったと思いますか?なぜ?

楽しく勉強させていただき、英語が好きになりました。中学~高校の頃から海外の色々な所へ行ってみたいと思うようになり、それには英語が必須だと考えていたので、学校での英語の勉強は苦ではありませんでした。今の仕事でもアメリカをはじめ外国の方と接する機会が多いので、英語を勉強しておいてよかったと感じています。

Q5  大人になったからこそ大変なこと、嬉しいこと、今でも持ち続けている夢はありますか?

何かをやり遂げたり、人から感謝されると嬉しいです。
いつかは世界一周の旅行をしてみたいです。

Q6 ご自身や所属先のブログ、HPアドレス、アピールしたいことをお書きください。

海上自衛隊で艦艇乗組勤務になれば、艦で日本全国はもちろん、海外にも行く機会があります。私の場合、海外は合計10か国に行きました。女性も艦艇乗組勤務で活躍しています。水平線から昇り、そして沈む太陽、近くに寄ってくるクジラやイルカ、夜は満天の星と天の川を見られるのは、艦艇乗組勤務の醍醐味です。

また、勉強や研修、会議、任務の調整のため、海外で勤務・生活するというチャンスもあります。私の場合、艦の戦闘武器システムの勉強のため、アメリカに2回、合計1年4か月ほど生活するという経験もさせていただきました。

まずは、海上自衛隊の広報ビデオをご覧になっていただいて、理解を深めていただければ幸いです。
https://www.youtube.com/watch?v=tqvQCZy9IcY

Q7 最後に、後輩へのアドバイスや エールをお願いします。

国際化が急速に進む今日、外国語、特に英語の重要性はますます重要なものとなっていると考えます。仕事だけでなく、海外からの観光客と話す機会も多くなると思います。日本に興味を持ってくれる海外の方は非常に多いです。そんな方々に、英語で説明出来たらカッコイイと思いませんか(笑)?

最後に、英語は“勉強”するよりも“楽しむ”ことが大切だと思います。

 

(ひとみ先生より)
K・Tさん、どうもありがとうございました!
海外へいけて、クジラやイルカや綺麗な星空を見れて
とっても 羨ましい!私も艦艇に乗りたくなりました。
でも、とても大変なお仕事ですね。
「何かをやり遂げたり、人に感謝されることが嬉しい」
「英語は、”勉強する”より ”楽しむ”」
素敵ですね。

「楽して暮らしたい」
「ユーチューバーになりたい」
なんて言う人もいるけど、

K・Tさんは
「楽な方へ流れるのは『動物園のライオン』と同じ。
動物と違い、理性ある人間であるのならば、
あえて困難な道を選ぶのが当然、
そうやって人はここまで文明を築きあげてきた。」
と おっしゃいます。
さすがです。

生徒の皆さんも、素敵な大人になってね!



加藤忠宏さん(アイ リンク コンサルタント代表取締役)

「教えて、先ぱい!7つの質問」

先輩のみなさんに
小学生がインタビュー!

今回は ポピンズ卒業生ではなく
な、なんと ひとみ先生がとてもお世話になっている
加藤忠宏さんが お答えくださいました!

子どもにとって
大人はみんな 人生の先輩です。

皆様も ぜひ 7つの質問にお答えください!

 

加藤忠宏さん

Q1 現在のお仕事と、これまでの経歴など

経営コンサルタント(中小企業診断士、システムアナリスト)
大学卒業後、自動車部品工場に入るが、大学の専門性が生きない職場とわかり10カ月で退職。趣味の写真を続けることのできる専門職を目指して、無職で国家試験にチャレンジ。専門学校講師に採用。その後、国家資格に合格する。
自力で大学院を受験。合格、AIを研究する。そこで出会ったインターネットの経営活用を目指し、退職。コンサルタントとなる。
いまではあたりまえになったHPの閲覧記録アクセスログの経営活用を論文化して日本初の発表
1回目の中小企業庁長官賞
その応用で、中国にとられていた製造業の仕事を取り戻すネットの仕組みを考えて
2回目の中小企業庁長官賞
現在ではgoogle mapとAIの仕組みを経営に活用する仕事をしている。
youtuberでもある。

Q2 子どもの頃の夢は?(何歳の頃? どんな?)

要領よく点数を取るのではなく、探求心旺盛で理科の実験や数学の証明が好きだった。
宿題に出されなくても理科実験キットをつかって実験をしていた。
英語は苦手。国語は本や新聞を小学校2年ころから読んでいるたため得意だった。

Q3 どんな子どもでしたか?努力したことなど教えて下さい。

転校生でいつもいじめられていた。
暴力ではかなわないので、椅子にしかけられた画びょうの上で授業を受け続けて
相手を気持ち悪がらせていた。

Q4 英語教室の思い出は? 英語をやっていて良かったと思いますか?なぜ?

まったく良い思い出がない。
最も時間を割いて勉強したが関係代名詞以降がまったくわからない。
国語や古典漢文は勉強しなくてもできるのに
あと英語の先生との相性が悪く気性もあわなかった。

Q5 大人になったからこそ大変なこと、嬉しいこと、今でも持ち続けている夢はありますか?

勉強しなかった人は収入が少ない。社会に役立つ勉強ができた人は収入が多いのが現実。自分は勉強をしてきたので、新しいテーマが出てきても。大学で習ったこと以外のコンピュータ、簿記(会計)、経営の勉強が独学でできた。
そしてその証明として国家資格が受かり、それで家も建てられたし。家族も養えている。なにより、趣味も追及できた毎日が楽しい。お金に余裕がないとそういうことはできない。

なぜ、大学に行くのか、それは勉強を自分でする方法が学べるということ
写真は評価されて仕事も来るようになっている。問題は撮影した写真が社会の役にたつということが大切。社会に役に立てば、感謝されてお金がもらえる。

Q6 ご自身や所属先のブログ、HPアドレス、アピールしたいことを教えてください

倒産しそうな会社をいくつも立て直してきた。そこで思うことは、つぶれる会社と残る会社、生き残る会社のオーナーは素直。助言したことを全部やってくれる。理屈だけ言って、言い訳だけして何もやらず人のせいにする人はつぶれてゆく。

ブログやfacebookは社会に役立ち明るくなるような話題を書いている・
ブログはH9年から1日しか休まず投稿している http://www.oruri.jp/blog

Q7 最後に、後輩へのアドバイスや エールをお願いします。

努力している人は、最初は結果が出なくて苦しい。結果が出ないと人に馬鹿にされるし異性にも相手にされない。でも努力していると、それが習慣になって最後のところで結果が出る。努力は続けないと意味がない・意外にみな続かない。続けることも才能である

 

加藤忠宏先生、
ありがとうございました。
「努力はすぐには結果に現れなくても、習慣になるくらい続けること!」
ですね。私も頑張ります! (くにみ ひとみ)

 

他の先ぱいのお答えは こちらから≫



柴田晃宏さん(アオキトラベル)

「教えて、先ぱい!7つの質問」

ポピンズの卒業生のみなさんに
小学生がインタビュー!

今回は 柴田晃宏さんです。

 

Q1: 現在のお仕事と、これまでの経歴など

大学を卒業後、10年以上物流に携わる仕事をしましたが、3年前に同じ会社の旅行部門に配属になりました。今は旅行の手配やプランニングの他、ホームページ作成や添乗員もやっています。

Q2: 子どもの頃の夢は?(何歳の頃? どんな?)

今でも音楽が大好きですが、特にバンドブームだった中学生の頃はロックミュージシャンになるのが夢でした。

Q3: どんな子どもでしたか?努力したことなど教えて下さい。

もともと活発な方ではありませんでしたが、格闘技や音楽活動など自分が興味のあることには進んで取り組んでいました。黒帯を取得したり、発表会やライブに出たりと自分の中の目標を決めて地道に頑張りました。

Q4: 英語教室の思い出は? 英語をやっていて良かったと思いますか?なぜ?

毎週顔を合わせる友達の前で、つたない英語を喋ることの恥ずかしさからなかなか抜け出せずに苦労した記憶がありますが、学校の授業とは全く違う和やかな雰囲気で、楽しみながら勉強できたと思います。私の会社ではモノやヒトの出入国が関係することが多いので、書類が全て英語だったりすることも珍しくなく、仕事をする上で大変役に立ちます。

Q5: 大人になったからこそ大変なこと、嬉しいこと、今でも持ち続けている夢はありますか?

大人になると仕事や子育てで毎日が忙しく、海外に行くチャンスがグッと減ります。今になって、少しでも海外留学を経験しておけば良かったと後悔しています。チャンスがあるならぜひ留学や旅行をたくさんしてください。今は旅行や出張で海外に行く人のお手伝いができていることを嬉しく思っています。

Q6: ご自身や所属先のブログ、HPアドレス、アピールしたいことをお書きください。

清水港に一番近い旅行会社として、客船によるクルーズを中心に国内外の様々な旅行商品を取り扱っています。海外留学同様、海外旅行やクルーズも一旦仕事に就くとなかなか行くことができなくなります。時間とお金がゆるすのであれば、学生のうちに海外旅行やクルーズに行くことをオススメします。旅行相談ならいつでもどうぞ!

アオキトランス株式会社アオキトラベル(旅行グループ)
http://www.aoki-travel.co.jp/

Q7: 最後に、後輩へのアドバイスや エールをお願いします。

外国客船の日本寄港数は年々増えていますし、来年はいよいよ東京オリンピック開催です。訪日外国人の数はますます増え、さらなる日本人の英語力が求められると思います。私もまだまだ勉強中ですが、少しずつ身になればいいなと思っています。英語ができるようになった自分を想像しながら、恥ずかしがらず楽しみながら勉強できたら良いですね。

 

柴田さんは、真面目で物静かな中学生といった印象で
ロックミュージシャンになりたいなんて
気がつきませんでした。
趣味の自転車も cool ですね~
いつか 旅行に参加したいです。
くにみ ひとみ

 

他の先ぱいのお答えは こちらから≫



杉田真彦さん(ソニー仙台FC)

地元の幼稚園には サッカークラブがあります。
小学校にもあります。中学生になるとサッカー部があるし、
民間のクラブもいくつもあるようです。

ポピンズにもそんなクラブに所属している生徒さんが大勢いて、
What do you want to be?
何になりたい? と聞くと

I want to be a soccer player.
サッカー選手になりたい

と答える人も たくさんいます。
夢をかなえるのは 大変なことですが

でも、かなえた人が います。
正確に言うと、「かなえつつある」かな?

ソニー仙台FC所属の 杉田真彦さん

所属チームのHP プロフィールには、
今の教室生も通っている幼稚園や小学校の名前が!

 

 

そんな杉田さんに
教室生から 質問をしてみました。

 

「教えて、先輩!~7つの質問~」

杉田真彦さん
(写真右から2番目)

Q1 現在のお仕事と、これまでの経歴など

現在はJFLの「ソニー仙台FC」というサッカーチームでサッカーをしています。
<経歴>
若杉幼稚園⇨長田西小学校⇨長田西中学校⇨静岡西高校⇨順天堂大学
⇨ソニー仙台FC
[高校]実績はほとんどなく、県大会に出るのがやっとでした。
高2で選手権ベスト16
[大学]の時のサッカーの成績
関東大学サッカー1部リーグ 準優勝
アミノバイタルカップ関東大学サッカートーナメント 優勝
総理大臣杯全日本サッカートーナメント大会 準優勝
全日本大学サッカー選手権 ベスト8

Q2 子どもの頃の夢は?(何歳の頃? どんな?)

『プロサッカー選手』です。
幼稚園の時から今でもずっと僕の夢です。一度もブレたことはありません。
今はプロとしてではなく、企業のサッカーチームでプレーをしていますが、
ここから這い上がってプロとしてサッカーをしていくつもりです。

Q3 どんな子どもでしたか?努力したことなど教えて下さい。

いろんなことに興味を持っていました。
サッカー、水泳、陸上、英語、習字、ピアノを習っていましたからね(笑)
あとはとにかく、負けず嫌いでした。勉強でもスポーツでも全部勝ちたい、
1番になりたい欲がすごく強かったです。
高校生くらいまでは正直
「井の中の蛙大海を知らずthe frog in the well knows nothing of the great ocean」という言葉がぴったりのガキ大将でした。
そして大学はプロになるため、サッカーで名門の順天堂大学へ行き、全国のトップレベルの選手と初めて出会い自分のレベルの低さを痛感しました。何度か挫折しかけましたが、周りの人の支えや、自分の努力もあり大学2年からレギュラーとして試合に出続けることができました。
僕が主に努力したことは、

・自分を知ること
・お手本となる選手を見つけて、プレーや自主練を真似をすること
・足りない部分、もっと力を伸ばしたいと思う部分の強化

Q4 英語教室の思い出は? 英語をやっていて良かったと思いますか?なぜ?

英語教室での思い出は、発表会も楽しかったですが、普段のフレーズ読みですね(笑)
みんなでワイワイしながら、リズムに乗っての英文読みだったので、すごく楽しかったです。楽しすぎてふざけて先生に何度も怒られましたが(笑)
嫌でも頭に残る英語だったので、正直今でも覚えています(笑)

トーミーターカー トゥーカートレイン

ドクタースミスガッタ サーティースリーシーさもーみなー

ナンシー ネームミー ナイニューネーム    みたいな?

↑先生ここ英語に直しておいてください(笑)

英語をやっていてよかったと思うことは、僕は勉強が大嫌いなのですが、
英語だけはなぜか大がつくほど好きになりましたね(笑)←本当です
英語教室で覚えた単語や英文、そして何より、友達と楽しく英語を学ぶことができたのがおそらく一番良かったのではないかと思います!

スポーツでも勉強でも好きなことは上達が早いと思います。

Q5  大人になったからこそ大変なこと、嬉しいこと、今でも持ち続けている夢はありますか?

大人になると大変なことは、特に僕は感じていません。でも僕はサッカー選手としていろんな人とかかわってきて、いろんな人の期待と感謝の気持ちをもって戦わなければいけません。プレッシャーもありますが、それも力に変えて頑張っていきます!

嬉しいことは今回のインタビュー企画のように、小さいころからかかわってきた人が大人になっても僕を忘れずに見てくれているということです。そういった人たちに恩返しするためにも、サッカーで結果を残し、いつかまたいい報告ができたらいいと思います!

今も持ち続けている夢は先ほども言ったようにプロサッカー選手として活躍することです!

 

Q6 ご自身や所属先のブログ、HPアドレス、アピールしたいことをお書きください。

1995年6月16日生まれ 杉田真彦
ソニー仙台FC所属 MF15番
http://www.sonysendaifc.jp/

↑ソニー仙台FC公式ホームページ
 応援よろしくお願いします!

Q7 最後に、後輩へのアドバイスや エールをお願いします。

自分の大好きな言葉を一つ皆さんに送ります!
『コツコツが勝つコツ』です!
意味はそのまんまです。
スポーツでも勉強でも地道に頑張って努力すれば必ず報われます!
あとは何事も夢や目標を持ち、楽しんでやってください!今の倍成長できますよ!

 

(教室生より)
杉田さん、ありがとうございました。
BBカードを今でも覚えているなんて凄いですね!

Tommy Tucker took a train.
Dr. Smith got thirty-three thin thermometers.
Nancy gave me nine new nails. ですね!

「コツコツが勝つコツ」
杉田さん、応援しています!
ぼく達も、がんばります!

 

 

他の先ぱいのお答えは こちらから≫



肥田俊介さん(杉山カメラ材料店)

「教えて、先ぱい!7つの質問」

ポピンズの卒業生のみなさんに
小学生がインタビュー!

今回は 肥田俊介さんです。

Q1 現在のお仕事は?

新静岡セノバ近くの杉山写真材料店というカメラ屋で働いています。

 

Q2 子供のころの夢は?

あまり夢とか持っていないタイプでした。ただ楽しく過ごしたいなぁと思っているだけだった気がします。

 

Q3 どんな子どもでしたか?

人の言うことを聞かない子でした笑 英語教室でも色のきれいな塗り方を教えてくれても全然やらず、後からちゃんとやれば良かったと後悔した記憶があります。

 

Q4 英語教室の思い出は? 英語をやっていて良かったと思いますか?なぜ?

英語の唄を歌っていた記憶が強いです。歌詞は今思うとめちゃくちゃですが笑
でも英語をやっていて良かったと思うことは沢山あります!中学で英語の勉強が始まった時も抵抗なく始められました。東京で働いていた時は英語しか喋れないお客さんも沢山来るし、路上で道を聞かれることも何度かありましたが、その程度なら答えてあげられるので自分にとっても相手にとっても良かったです。

 

Q5 大人になったからこそ大変なこと、嬉しいことは?

年を取ると覚えることができなくなります。英単語も子どもの時に覚えたのは今でも覚えていますが、最近勉強して覚えた単語はすぐ忘れてしまいます。ぜひ今のうちにたくさん覚えてください!

嬉しいというか、楽しいことは実は大人になった方がたくさんあります!

 

Q6 ご自身や所属先のブログ、HPアドレス、アピールしたいことをお願いします。

お店のホームページはsugiyama.camera (←現在作成中です)

カメラが欲しい時はもちろん、売りたいや、
うまく撮れない、使い方がわからない、壊れている…
なんでもご相談にください!
カメラと写真の専門店ですので解決いたします!!

 

Q7 最後に、後輩へのアドバイスや エールをお願いします。

夢がある人はそこに向かって、まだ見つからない人もとにかく目の前にある楽しいことに全力で取り組んで見て下さい!

 

ひとみ先生より:
肥田さん、ありがとうございました!
塗り絵の件、そんなこともありました?
「歳を取ると覚えなくなる」
これは私も激しく実感!みんな、今だよ!!
「嬉しいこと、楽しいことは大人になってからのほうがたくさんある」
なんて、楽しみですね~

 

 

他の先ぱいのお答えは、こちらから≫