桜もち

季節はずれの 桜もち!
クリスマスカクタスのしぼんだ花を摘んで玄関の隅に置いていたら
Wちゃんが 作ってくれました。

センスいいね~~

年賀状も、素敵に出来たので
早く お披露目したいです。

とうとう明日から12月。
クリスマスを楽しみながら
今年の勉強をバッチリ締めくくりましょうね~~

クリスマスの絵本5「Is That You,Santa?」

サンタさんに会いたい!
みんなの夢ですね。

この本は、クリスマス関連など知っている言葉の部分が絵になっているので、
いっしょに読み進めることを楽しめます。

又、巻末にそれらの言葉のカードが付いているので
絵から文字へと導くことも出来ます。

年賀状

サンタさんへの手紙の次は
恒例、年賀状作り。

3年生以上は
英語でのメッセージと
宛名書きの練習を兼ねています。

郵便屋さん、
毎年 英語で書かれた宛名をたくさん出して、
読みづらいでしょうが、お許し下さい。

月曜日は、5,6年生、中3、高1生の
素敵な年賀状が出来上がりました。

写真を載せたいのですが、
受け取る方も読んでいらっしゃるかもしれないので、
1月1日の解禁といたします。

受け取った方へ
「すごく喜んでくれたよ!」という報告もありますが、
「無反応!」という声も聞きます。

どうぞ、オーバー気味に喜んで下さいね!

新しい手帳

日曜日の夜は高校三年生の補習でした。
いわく、「(センターまで)50日を切るとさすがに焦る〜」
でも、努力の甲斐あって、ちゃんと点数が伸びています。
最後まで がんばれ!

私は、12月から始まる新しい教室用の手帳を下ろしたところです。

小さなプレゼントを忘れずに渡せるよう、
生徒さん達の誕生日に名前を書くのが習わしです。

高校3年生の名前を書こうとして、

「そうか、この頃彼女たちはもう通ってないんだ!」と気が付きました。
12年か、それ以上のお付き合いも、終わってしまいます。寂しいな!

誕生日はやはり書いておいて、ラインでお祝いの言葉を送ることにしましょう。

 

キャッチアップ レッスン

教室で園児さん、小学生と使っている主な教材は
BBカードとジョリーフォニックスです。

教材については こちら≫ にあります。

このうち BBカードは使い始めてから15年ほどになるのですが、
ジョリーフォニックスをはじめたのは2年前です。

BBカードのレッスンは、
もし、それを見るのが始めての人が加わっても
みんなで楽しく出来ます。
なので、もうすでにスタートしたクラスに入会をご希望になっても
入ることが出来ました。

ジョリーフォニックスは
「毎週1音」などと、英語の音と文字の関係を学んでいくので
途中で加わると それまでの音を知らないことになってしまいます。

そこで、途中入会のご希望があったときは
週末などに キャッチアップ レッスンが必要となります。

お休みの日に 遠くから送って下さるママ、

1度に いくつもの音と文字を 覚えるので
本人達も大変なんですが、

「早く みんなに 追いつきたい!」って、
やる気いっぱいの Sちゃんと Kくん。

私も ハードな週末を楽しんでいます。

クリスマスの絵本4「Morris’s Disappearing Bag」

クリスマスの絵本、
前回の「Max’s Christmas」に続いて
Rosemary Wellsのものを もう一冊ご紹介します。

モリスはウサギ。
お兄ちゃんやお姉ちゃんがいます。
プレゼント、他の子がもらったものが良く見えますよね。
特に年下の子は年長の子のものが羨ましくなるもの。

そんなモリスが もうひとつプレゼントを見つけます。
読むと ほっこりする絵本です。

Max’s Christmas(クリスマスの絵本 3)

Thanksgiving(感謝祭)も終わり
いよいよ 思いはクリスマスへ~~

 

誰もが会いたい サンタクロース。
ちゃんと寝ていないと 来てくれません!

でも、でも、
Maxは 会っちゃったんです!
表紙のニンマリ顔~

Who?
What?
When?
Where?
How?
Why? そして
Because

これらが出てくるので
英語先生も心のなかで ニンマリ

でも、勉強するより楽しんでね!

筆文字

実は私、毛筆の細筆が大の苦手です。
筆ペンで書くのも 下手です。

土曜日に、結婚式に参列するので
今夜あたり、徹夜で名前を筆ペンで特訓しようかと思っていたけれど、

風邪引いてて 久しぶりに来たKちゃんに
レッスン後、頼んでしまった!

Kちゃん、本当にありがとう!
筆文字が上手になりたい!と本気で思っています。

先輩紹介 その3「再びアメリカへ~花城龍一さん」

グランドキャニオンでお昼寝?!

ポピンズの先輩紹介、3人目は、
花城龍一さんです。

彼は、社会人になって2年目、
アメリカへ行くことを決めました。
突然「もう一度 英語を勉強させて下さい!」と見えたときはびっくり!

英語をやり直しながら、いっぱい働いてお金を貯め
去年の夏アメリカへと渡っていきました。
今年の初めに 日本へ戻っていましたが、
やはり又 いっぱい働いて
再度 アメリカ、カナダへ行くそうで、
先日、訪ねてきてくれました。

アメリカでは 楽しいことがいっぱいあったとのこと。
勿論、困ったことや、分からないこともたくさんあったでしょう。

「中高生の頃から、外国へ行きたかったの?
知らなかった!」と言ったら、

あの頃は、情報もなく、お金もいっぱいかかるだろうと思って
不可能だという思いが先にたっていて
思っていても口にしなかったかもしれない。

外国へいてみたいと思っている若い人は
ぜひ、行くべきだ。
難しそうな 手続きなど、
やってみたら、結構やれた。

とのことでした。

龍一君、元気で行ってらっしゃい!

比較 Break the T

中学2年生は「比較」に入り、
学校でも、ゲームキャラのカードを使ったりして
比較級、最上級をやっているようです。

ポピンズで「比較」をやるとき使うゲームは
「Break the T」です。

カードを3枚表に並べ、後はふせて山にしておきます。
プレーヤーは3枚のセンテンスを言ったら、
裏になっている形容詞カードから1枚引いて、
その形容詞で 比較の分を作っていきます。

例えば 写真の3枚のBBカードと
「short」という形容詞だったら、

Mad Monkey is short.
Lucy Locket is shorter than Mad Monkey.
Jack and Jill are the shortest of the four.

といった具合です。
(使ったカードは、よけて新しいカードを又3枚並べます。
他のプレーヤーも同じカードが出ていたらよけます。)

2戦目は、「as 形容詞 as」 をやりました。
今度は 2枚のBBカードを選んで
形容詞は自分の知っているものを使って、

Willy is as cute as Sister Susie.

などと作りました。