音読は効く!

高校生たちが教室へ来ての第一声は、

「音読させてください」です。

1回目は、私の後についてリピート、

2回目からは1人で
タイムを計って記録します。

「音読するから、単語の発音がわかってきた。
学校の授業でも
音読をたくさんやってくれるよ。」
と、Kくん。

「でも、やらない人が多くて
先生も注意するよ。」

学校の音読の時間にやらない人

もしかしたら 発音に自信がなくて
みんなに聞かれたくないんじゃないかな?

それ、そのままにしないで
はやく 人前でも読めるくらいになったほうがいいよ。

リスニングにも、
初見の長文読解にも、

音読が効いてくるよ!