なぜ季節のイベントをやるの?

私が大手英語教室の講師だった30年以上前、
それまで教室で行うイベントはクリスマスくらいでしたが、

ある日、本部から
「クリスマスはもう一般的すぎる。
ハロウィンを教室の魅力あるイベントに!」

という企画が通達され、
それまでなじみのなかったハロウィンについて
勉強会が行われました。

その頃は
どこにもハロウィンに使えるものなどなく、

本部から送られたカードやポスターを飾って
新聞紙やカラフルなゴミビニール袋で
工夫を凝らした衣装を作って楽しみました。

今では100円ショップで
ハロウィンもイースターもグッズがそろい、
仮装の衣装も安価で手に入りますね。

2月のバレンタインデーに始まり、
セントパトリックデー、イースター、母の日、ハロウィン、クリスマスなどなど、

子どもの英語教室は イベントに溢れています。

英語を学ぶだけでなく
英語圏の文化を知る一つとして
そんなイベントを楽しんでいる訳で、
こどもたちも楽しみにしているのですが、

外国の行事がこんなにポピュラーになったら
「楽しむ」の部分はなるべく他にお任せして

英語教室では その文化的意義を
伝えていきたいと思っています。
もちろん、お楽しみはゼロ!という訳ではないので
みんな、安心してね。

そして もう一つ
イベントでやりたい大事なこと、

それは
誰かに自分の気持ちを伝えること、
具体的には 英文のカードやお手紙を書くことです。

英語を勉強していてる目標は
中学に行って困らないため?

それもあるかもしれませんが、
もっと大切なのは、

自分の気持ちを伝える方法を学ぶことだと
思っています。

年の初めには
新年の抱負を自分に誓い、

バレンタインデーには
いつもは言えない大好きを誰かに、

母の日には お母さんへの感謝を、

七夕には短冊に願いを、

クリスマスには
サンタクロースへのお手紙や、
家族へのカードを

 

などなど、
教科書の文を覚えたり書いたりするばかりではなく、

自分の思っていることを
誰かに向けて
心を込めて ていねいに書く、
これが本当のライティングだと思っています。

さて、もうすぐ
母の日がやってきますね!

 

写真は、カードなどに書く前に練習しているノートです。



セント・パトリックス・ディ

今週は、3週間ぶりのレッスンです。
学校もおけいこも お休みの地域も多いようですが、
静岡市は今週学校が始まりました。
と言っても、すぐに春休みに入ってしまうのですが。

学校は お休みしても欠席にならないそうですが
「クラスに休んだ人はいなかった」
などの声を聞きました。
みんな、待ち構えていたのでしょうね。

英語教室も、
個人レッスンや、ネットでのレッスンを
選んでくださってもいいと
お知らせしましたが、
そんな ご希望はありませんでした。

今日は、園児さんや低学年さんの
元気な顔を見ることが出来ました。

レッスンの初めに
出席スタンプを押しています。

「あれ?なんで今日はクローバーなの?」

 

それはね、
今日が アイルランドのお祭り
St. Patrick’s Day セント・パトリックス・ディ
だからです。

クローバーはシャムロックと言って
聖パトリックのシンボル、

レプラコーンという楽しい妖精もいて。。。

と、
チャンツや、Y先生が送ってくださったパンフレットや
Yuki先生のプリントを

いつものレッスンをする前に
楽しみました。

今日で過ぎてしまうけど、
明日からのクラスでも
紹介しますね。