多読が楽しい!

「5冊とも 全部読んできたよ!」
「同じ本を何度も読んで読書ノートに書いてもいいの?」

あるお母さまから、
「多読の火がつきました!」
と、ラインでお知らせいただきましたが
ほんと、みんなが こんなに喜んで本を読むようになって
とても嬉しいです。

来週はレッスンお休みだよ!
と言ったら、

じゃあ、10冊借りて行こう!

ですって!

英語で本が読めるって、
ほんとうに楽しいね~!

 

 



関西多読指導者セミナー

今日は、オンラインで
8時間にも及ぶセミナーを受けました。

第14回関西多読指導者Onlineセミナー

普段なら 関西で開催されていて
なかなか出向くことが出来ないセミナーを
家にいて受けることが出来ました。

 

それどころか、
写真のお二人、

Oxford Reading Tree(ORT)
の著者 Roderick Hunt さんと、
挿し絵の Alex Brychtaさんが
イギリスから 基調講演!

お2人の後ろには、
犬のフロッピーのぬいぐるみや
お話に出てくる マジックキーが!

そして、
Huntさんが 出来立てのストーリを紹介して
Brychtaさんが その挿し絵を描く

と言う夢のようなパフォーマンスを
リアルタイムで見ることが出来ました。

チャットには、
What a precious time to be watched the creative scene!
などと 喜びの声が続々と上がりました。

コロナのおかげて苦しんでいる方々が多い中
コロナだから出来た経験。。。

申し訳ない気持ちは
この感動をレッスンに生かすことで
静めたいと思います。

多読学会の皆様
貴重なセミナーをありがとうございました!



霧、そして暖かい日

昨日の 久しぶりの雨と変わって
今日は1度に春が来たような陽気、

しかも、起きたときは街全体が
珍しく深い霧に包まれていました。

そこで、
いつも「みんな経験したことないから
霧の中って 想像できないだろうな~」と思っている
この本を 読みました。

5年生の Kくんが10分ほど遅刻してきました。

「珍しいね~」と言うと
「だって 亀が死んだ。それに花粉症」

お母さんがうっかり外へ出しておいたら
あまり温かかったので 死んでしまったとのこと。

可哀そうだったね。。。

Kくんの赤い目は花粉症というより、
いっぱい泣いたんだな~
って、すぐ分かりました。



2つ履けば?

「涼しくなれそうなORTシリーズ」
(勝手にシリーズ化)から、

この本

を読むと、面白い反応がありました。

ストーリーは、
「海パンを忘れてプールに行ってしまい、
売店で新しいものを買った」
そしてオチは、
「服の下に家から履いてきていた」

というもので、

 

うん、あるある!

って 身に覚えのある子が
結構多いのですが、

「もったいない、新しいのをどうする?」
と誰かかが言うと、

あちこちのクラスで、

「2枚履けばいい!」
って 答えが出ました。

なるほど~~
私では 思いつかないな~~~