動物の赤ちゃんは英語で?

今月のトピックは、
「動物の赤ちゃん」です。

mouse(ねずみ)の赤ちゃんは
baby mouse ですが、

dog(犬)の赤ちゃんは
puppy,

cat(猫)の赤ちゃんは
kittenなど

英語では
赤ちゃんの名前がある動物がたくさんいます。

 

こちらは「子ども英語」という雑誌の付録。

今週は、

「Mama Bird Takes Care of Her Babies」
というチャンツを歌ってから、

上のカードで 神経衰弱。
カードが取れたら

Mama cat takes care of her kitten.
(ママ猫は子猫の世話をする。)

と、さっきのチャンツで覚えたセンテンスを
言います。

あれ?世話をしない親もいますね。

Mama frog doesn’t take care of her tadpole!
butterflyもそうですね。

 

まだまだ赤ちゃんの名前はたくさんあります。

来週は こちらの古い手作り感満載のカードで
遊びましょう。



オンラインレッスンで、エッグハント?

イースターウイーク、最初のレッスン

月曜日の小学生クラスは
新しいお友達も増えて
絵本や歌を楽しんだ後、

スチロールの卵をみんなが飾っている間に
教室の外では イースターバニーが
キャンデー入りの卵を
たくさん 置いていきました。

写真を撮り忘れたのですが、
やっぱり エッグハントは
一年で一番の楽しみだそうです。

 

そして2時間目は
Aちゃんとの オンラインレッスン。

エッグハントは。。。。

 

写真のように机の上に並べた卵を、

A pink egg is on the book.

などと Aちゃんに言ってもらいました。

 

そして、Aちゃんには
あらかじめ卵を送っておいて
お部屋の中に隠してもらい、

iPadで映しながら動いてもらいました。

I found green one!
It’s by the air conditioner.

 

I saw a pink egg  by Nezuko!

 

I saw a purple egg  in front of a jam jar.

 

と、今度は私が答えました。

ほんとのエッグハントが出来なかったけど、
楽しくて ハマっちゃったね~!



ポピンズ英語教室も 新学期のスタートです!

小学生の皆さん、
そろそろ入学式や始業式ですね。

ポピンズ英語教室でも
昨日から2022年度のレッスンが始まりました。

1年生クラスは、
同じ小学校の男の子4人、
そのうちの3人が この後サッカークラブへ直行!
という 元気いっぱいのクラスです。

直前に一人
「来るのが嫌になった!」
なんてラインが入って心配でしたが

すぐに気を取り直して参加しくれました。
学校では、2人ずつ同じクラスだったそうで、良かった!

いっぱい元気をもらえそうです。

写真は、一番楽しみにしていたという
BBカードタイム。

チャンツタイムには
歌詞カードの英語から
色の名前を どんどん見つけて
とっても 頼もしかったです。

あっという間の60分で、
お迎えのおうちの方に

「面白かった~!」
って言ってたそうで
ホッとしました。

この元気で、
英語大好き、大得意!
に なろうね~



ビートルズ de 英文法

ワクチン3回目,モデルナ発熱から回復した土曜日です。

BSで、放送大学を聴いています。

ビートルズ de 英文法

タイトルで反応して
科目履修生になりました。

3カ月余り
週1回45分だけの
1科目履修生なのに,

学生証まで届いて、びっくり!

そして講義は
ビートルズ来日の時高校1年生だったどつぼ、とおっしゃる
ほとんど同年代の、佐藤良明先生。

例文にもビートルズの歌がちりばめれれているし、
ギターにのせて歌ったりの
とても楽しいセッションです。

土曜日の午後が待ち遠しくなりました。



ピクニック

今日は 島田ゆめ・みらいパークで遊びました。

お昼はビニールシートを広げてピクニック。
その後ワタアメを買ったら、
大きすぎて持て余し気味。
ベタベタした手を拭いたウエットティッシュ―を
シートの隅に置いたら、

 

すぐにアリさんが やってきました。

それを見た Sちゃんが、
「あ、アリさんだ!
a,a,って やらなきゃ!」と、
ジョリーフォニックスの「a」のお話を
思い出していました。

これからしばらくは
ピクニック日和ですね。

他のみんなも
ピクニックしたら、
「a」を思い出してね!



バレンタイン・カード

今年のバレンタイン・カードは、

Easy Peasy and Fun
さんのページから、

このハートの花を作りました。

蜂さんのピンチを外すと
お花が開きます。

中に、メッセージを書きました。

 

14日、バレンタインデー当日に開催予定だった、
子育てサロン「ひよこっこ」さん
コロナのため、
英語で遊ぶのは控えることになりましたが、

会場で、このお花のカードをお渡しします。
おうちでメッセージを書いて
楽しんでくださいね。



Practice Makes Perfect!毎日コツコツ努力!

9日の日曜日、
久しぶりに呉服町へ行くと

テレビなどでしか見たことない
消防の出初式を間近で見ることが出来ました。

高所恐怖症気味の私は
ただただ尊敬でしかない技の数々でしたが、
勇気はもちろん、
鍛錬、練習なしでは出来ないことですね。

練習と言えば、
怠ってはいけない!と
反省する出来事がありました。

高校生のレッスンの時
「教科書の予習をするので、
本文をリピートさせて下さい。」

と言われてやってみると、
いつものように口がスムーズに回らず、
何度かつかえてしまったのです。

(とうとう年を取ってしまったか!)
と、内心慌てましたが、

違います!
クリスマス前に昨年のレッスン収めをしてから、
新年4日にレッスンを始めるまで、
私は1度も何も 音読しませんでした!

年末年始で忙しかったとは言え、
あんなに生徒さんたちに
音読が大切!
と言っておきながら。。。。

音読を怠ると こうなる!
身をもって示しました。

英語を勉強している皆さん、
今年も音読を毎日頑張りましょう~
私も、頑張ります!



New Year’s Resolutions 2022

お正月に、1年間頑張りたいことを決める、
New Year’s Resolutions
新年の抱負

ポピンズでは
毎年、絵馬型のカードに書いています。

 

丸子教室生のものは
1年間、教室の壁に、

 

 

 

 

そして、アソカ教室生は

おうちのどこかに
つってもらいます。

今年も
みんなの絵馬が出そろいました。

勉強を頑張る

と書いた人が
今年は多いですね。頼もしい!

あれ? bをdと書いた人も!

ともあれ、
みんな、1年頑張ってね!



本年もお世話になりました。

毎日寒い日が続き、
雪の地方は大変ですね。

ここ静岡は、
やっぱり寒いですが、

でも、ほら!

もう咲いています。寒桜。

今年は
まだコロナが治まらないとはいえ、
zoomで勉強させていただいたり、
好きなこともたくさんできた1年でした。

嬉しいこともいろいろありましたが
一番は、小学生時代から、大学入試の後期まで通ってくれた兄弟が
揃って高校の英語の先生になったことです。

来年は寅年。年女として
ますます元気に毎日を大切に送りたいと思います。

教室の生徒さんやおうちの方々、
お友達や先輩の皆さん、
本年は 大変お世話になりました。

来年も、どうぞよろしくお願いいたします。

國見ひとみ



私のエッセイ

静岡ビジネスレポートさん12月5日号に、
エッセイを掲載していただきました。

“私の大切な”思い” と言うテーマで
何年も続いている 女性のリレートークです。

お友達の
マージュさんからバトンが回ってきました。

締め切りはあるし、写真も添えなければならないし、
困ったな~ と思ったのですが、
お引き受けして、
自分の思いをまとめることが出来る
とてもいい機会となりました。

「メリー・ポピンズはイギリスのお話に出てくる乳母、子どもたちに苦いお薬を飲むのも、面倒なおもちゃの片付けも、歌いながら楽しくやらせてしまいます。彼女のように、「子どもたちに嫌いだ、面倒だと思わせず、楽しく英語を学ばせたい」との想いで今の教室を始めて、いつの間にか37年が経ちました。

気が付くと私は大きな望みを抱いて冒険するという人生を歩んでいません。少し残念にも思いますが、生徒さんたちが英語を道具の一つとして活用し、自分の望んだ道へ進むのを見ているのもいいものです。

巣立って行った生徒さんたちと再会して、望んだ道で活躍している事とか、「英語では困らなかった」「英語の先生になった」などと聞く時、この仕事をやっていて本当に良かったと思います。来年は6回目の年女、そろそろ引退を考えてもいい年齢かもしれませんが、まだまだ続けるつもりでいます。

子どもたちに希望を持ってもらうには「年齢を重ねても楽しいことがいっぱいあるよ!」という前向きな背中を見せることです!なんて ちょっと格好つけてみましたが、実は生徒さんたちがいてくれるから、その夢を一緒にみさせてくれ、叶えてくれるから、意欲的に生きられているのです。生徒さんたちと一緒に、Jリーガーにも、俳優にも、海上自衛隊員にもなった気分でいます。

次回は、そんな元生徒さんの一人、フルート奏者として地元でコンサートを企画運営されている、青島由佳さんにバトンを渡します。」