教材の選び方

前回、「耳で覚えるタイプ」、
「目で覚えるタイプ」、
そして、「体で覚えるタイプ」
があることを書きました。
前回のブログは こちら≫

英語に限らず
子どものグループへの教材には

どんなタイプの子にも対応していること

これが望ましいと思います。
そんな気持ちで選んだのが
メイン教材の2つです。

<ジョリー・フォニックス>
英語の音の規則を学ぶのに
アクション、絵本、歌、
聞く、見る、触る、書く、読む、
様々なアプローチを使います。

<BBカード>
ゲームで体を動かしながら
カードの絵や英語を見ながら
英文を何度も聞いたり、言ったりします

どちらも
いろいろなタイプの子供たちに
寄り添っていますね。

タイトルを
「教材の選び方」としましたが
しかし、実はどんな教材も
使う先生の使い方次第です。

どんなに良い教材を使っても
生徒さんにあった使い方をしているか、

students first
先ず、生徒さんをよく見ることを
大切にしたいと思います。

 

 



耳で覚えるか、目で覚えるか

コミュニケーション心理学の一つNLPでは、視覚・聴覚・触覚・味覚・嗅覚の五感を「視覚(Visual)」・「聴覚(Auditory)」・「身体感覚(Kinestic)」の3つに分類しています。どの感覚を強く感じるかは、人によって変わるそうです。

自分がどのタイプかは、こちら≫
でテストできるのですが、

テストを受けなくても
自分の優位性がどれか
実感してきました。
(この年になって?
いまさら?)

先ず、
ダンスのステップとか
ちっとも覚えない。
ピラティスも
家へ帰るとどんな動きをどんな順番でやったか
忘れている。
大体、スポーツ苦手!

なので「身体感覚(Kinestic)」は
超弱い。

 

TVで一時流行っていた
画面が少しづつ変わっていく脳トレ、
全然わからない!
動体視力とかもない。
認知症検査を横で見てた時
「さて さっきの箱の中に何がありましたか?」
って質問、私も覚えてなかった!

よって、
「視覚(Visual)」も弱い。

 

仕事や勉強に集中したいとき
音楽は聴かない。
音楽は音楽だけを楽しむ。
九州~大阪~九州~静岡と移り住んだけど
すぐに土地の方言にどっぷり染まった。
英語のリスニングで あまり苦労しない。

こんな私は「聴覚(Auditory)」が優位。

自分が分かると、
あの子がレッスン中じっと座っていられない訳も
単語集をじっと見て覚えてしまう高校生のことも

なるほどな~
と思えてくるのです。



木曜日の作品3

台風19号は
日本各地に 大きな被害をもたらしました。

私も夕べは近くの川が決壊するのではと
怖い思いをしました。
この辺りは無事でしたが
被災された地域のみなさま、
お見舞い申し上げます。

今も救助活動がなされているようです。
一刻も早く安全が確保されますように。

 

今日も
ハロウィン・まんがのご紹介をします。

 

2年生の Rちゃんです。

菌の卵を手に入れたふくろうさん、
落っことしてしまいますが、
たまごがかえって
嬉しい!

というストーリーです。

 

単語の途中で切れないように
無理しないで次の行に書いてね

と言われても、つい
「大丈夫、(この空間に収めて)書ける!」
と思ってしまいますね。



木曜クラスの作品2

台風が近づいて
雨風が激しくなった静岡です。

雨戸を閉めて
植木鉢だらけの教室から、
うっとおしい~を吹き飛ばす4コマまんがを
お届けします!

 

いつも頑張り屋さんのRちゃんの作品です。

魔女は森に着く予定です。

 

(ところがお墓の上で)おっこちた!

ヘアースタイルが もじゃもじゃになっちゃた!

 

 

ともだちは笑わずにいられませんでした。

 

気の毒な魔女さん、
もじゃもじゃも 可愛いのにね~~

 

みなさま、
お気をつけてお過ごしください。
もう被害が出ていますね。
これ以上出ませんように~~



丸子6年生のハロウィン4コマまんが

丸子の6年生のハロウィン4コマまんがです。

 

Kくん

①コウモリはクモより若い。
②コウモリは怒っている。
③コウモリは友達を呼んだ。
④クモの巣につかまった。

なぜ若いことで怒ったのか、
ひとみ先生には
まったく分かりません~

 

Yくん

①Trick-or-treatersが村を訪ねます。
②コウモリに襲われました。
③コウモリをやっつけました。
④友達の家に行きました。

6年生は
お話作りが上手ですね。

 

中学前に
英語をやっておきたいな~
と思っている6年生のあなた、
ご連絡をお待ちしています!



火曜日クラスのハロウィンカード

火曜日の、
年長、1年生クラスは
先週ゲームの中で言いかえをしました。

今日はその中から 面白いものを選んで
カードを作りました。

 

年長のKくんは 2つも作りました。


こうもりと犬のダンスがかわいいね~

 

1年生のMくんも2つ作りました。


強そうなモンスターが困ってる~

 

1年生のMちゃんと、年長のMくん。


2人とも絵が上手!

 

3年生のMちゃんと、2年生のMちゃん
(Mちゃん、Mくんの多いこと!)


こちらも 力作ですね。

 

初めてのハロウィンカード、
みんな とても面白かったね。

来週は
ハロウィン早口言葉で遊びましょう。

 

教室では、
来春新規開校クラスを
準備中です。

お気軽に
お問い合わせください。

 

 



ハロウィンマンガ~男の子あるある編

ハロウィンらしく、

怖~い お話を作りたがる
4人です。

2年生のYくんの作品

Ghost toasted skeletons.
おばけがガイコツをトーストした。

Ghost gave Jack-o’-lantern a skeleton.
おばけはジャコランタンにガイコツをあげた。

They ate skeletons together.
いっしょにガイコツを食べた。

きゃ~~
ハロウィンっぽい!

 

3年生のHくんの作品

Skeleton drove me home.
ガイコツが車で送ってくれました。

Jack-o’-lantern got in his car.
ジャコランタンが乗ってきました。

He had a traffic accident.
交通事故に会いました。

あぶない!
でも きっと真似したがる人がいるよ。

1年生のR君の作品

Vampire stayed the pumpkin hotel.
吸血鬼はカボチャホテルに泊まりました。

Fireworks started.
花火が始まりました。

(いいね~ Rくんがホテルに泊まった時も
花火があったのかな?)

He had a traffic accident.
こうつう事故にあいました。

(ほら! 真似して唐突に
交通事故になっちゃった!)

 

1年生のHくん

Cat heard the word.
ネコは言葉を聞きました。

Monster was scared.
(それを)モンスターが怖がりました。

Dragon gave fire.
(モンスターに)ドラゴンが火を吹きました。

さすが 男の子!な
作品でした。

次回は
女の子の 可愛い作品をご紹介しますね。

 

英作文も遊んでしまう
ポピンズのレッスン、
気になったら お気軽に
お問い合わせくださいね。

 

 

 

 



県大での講義

今日は 静岡県立大学まで
地域経営研究センター主催
Michael K. Peters先生の
「最高の結果を出すビジネス英語」という
4時間の講義を受けてきました。

タイトルから、
バリバリのビジネスマンばかりだろうか。。。
と不安な気持ちで会場へ入ると
20人ほどのほとんどが女性、
そして ビジネスウーマンではない人もいらっしゃいました。

いけない!
今日学んだことの1つ
PC=Politically Correct

上のように、
man, woman
という言葉を使っていては政治家にはなれません。
business personと言わねば

まさか 政治家になる気はないけど
フォーマルな会話では
差別になる言葉は気を付けるべきとのこと。

そのほかにも
「力強い形容詞を使おう」
というテーマでは、

自分のことそんなに強くアピールしたら
感じ悪いのでは?

と思っていたら、
自分に形容詞をつけるのではなく、
自分に関係した事柄につける

などと
なるほど!な
濃い4時間でした。

ビジネスパーソンになるのは数年後?の
高校生とシェアするのが楽しみです。

 



女子会?

「友達の英語塾は
とっても厳しくてね、

みんな宿題を必死でやってる。
ちゃんとやらないとクビになるんだって!

うちは みんなでワイワイやって、
お菓子食べたり
女子会だよ

って言って
みんなに『いいな~~』って
言われてるんだ~」

って、Kちゃん、

女子会じゃありませんよ!
やるときはやる、
Happyな 英語教室ですよ!

 



焦ることはないな~

火曜日の年長さんと、1年生のクラス、
2,3年レッスンしているのに
まだ オリジナルカード作りをしたことがありませんでした。

今日、
ゲームの中で
「2枚のカードを合体~
どっちを先に言う?」と聞いて
1枚目で主語を言った後
さっと2枚目のカードに変えたら
続けて 2枚目のカードの動詞以降の文章が
さらっと言えたので 感動しました。

早く作文して欲しいと焦らず
カードの文章を言う時間をたっぷり過ごして
とてもいいタイミングで合体作文が出来ました。

「難しい!」って顔でなく
みんな、「面白い!」と
思いのほか楽しんで
文を作りました。

「一番面白かったのを絵カードにしてね」と

初めてのオリジナルカードづくりをしているところです。

来月は
ハロウィンキャラと合体した文を
作ります。楽しみです。