アースカレッジ静岡2017

今日と明日7月16日は あいせるで
アースカレッジ静岡2017が行われています。

アースカレッジは 誰もが先生、誰もが生徒
みんなで作るカレッジです。

今日15日の1時間目
着付け師のOさんと私は

若い人に浴衣の着付を覚えて、外国へ行く機会があったらぜひそちらでゆかたすがたを披露して欲しいとの思いで、
「Let’s Dress YUKATA」という講座を持ちました。

着付をするのには足りない1時間だったので、
英語活動は あまり出来ませんでしたが

 

高校生をはじめ、
みなさん とても綺麗に着ることができました。
Oさんの 指導力がすばらしかったです。

2時間目は 生徒として
「素敵な老」を考えよう に出席。
私も参加しているNPOの主催で、どなたも生き生きと「老」を語っていらっしゃいました。

3時間目は Oさんもご一緒に
「英国の国旗とアフタヌーンティー」に参加。

会場に入ると
講師、イギリス人のPさんは 以前お会いした方でした。
あちらも覚えていて下さって、わざわざお声をかけてくださいました。

「イギリスの国旗が 統合によって変遷し、今のユニオンジャックになった」という 興味深いお話の後、おいしい紅茶をいただきました。

明日も魅力的な20数個の講座待っています。
アースカレッジについては こちら≫



浴衣の着付講座@アースカレッジ

7月15,16日に 静岡市の「あいせる」で、
アースカレッジ2017が開催されます。
その中の
「講座紹介No.15・Let’s dress YUKATA!」
【15日(土)1限10:30~11:30】を着付の大橋住先生と担当します。

海外へ行くと、自国の文化を紹介する機会が訪れますが、
日本女性のゆかた姿はとても喜ばれます。
ゆかたの着付けを覚えて、簡単な英語で日本の着物について説明が出来るようになりましょう!

☆先着10名・要予約(054-202-3411静岡県国際交流協会)
【持ち物:ゆかた、半幅帯、前板、腰紐3本、伊達締め1本、フェイスタオル2本】

対象は、小学校高学年~大学生の女子
※留学生には浴衣をお貸しします。 もっと見る

お待ちしています!


アースカレッジ

今夜は 市民文化会館での吹奏楽演奏会が終わるとすぐ
近くのアイセルまで駆けました。

アースカレッジのミーティングに遅刻して参加しました。

今年の アースカレッジは 7月の15,16日に
アイセルで行われます。

私は着付け師の大橋住子さんと
「Let’s Dress ゆかた」という講座を担当。

留学などで海外へ行く時、着付を覚えて行って
あちらでゆかた姿を披露し、簡単な英語で説明できるように
と、開催します。

詳しくは アースカレッジのフェイスブックページ≫



アース(明日)カレッジ2017

 

今年は、「和の魅力を伝えられるようになって欲しい」
という 同じ思いを抱いている着付け師さんと一緒に講座を持ちます。

準備のため、

こんな資料も集めています。

詳細が決まったらお知らせしますね!