ブレンディグ

ジョリー フォニクスのレッスンの流れに
「ブレンディング」があります。
個々の音を固まりにする作業です。

いろいろな方法があるのですが、
ネットで仕入れた方法で教具を作ってみました。

先ず 3つの音の字を 離して並べて
一つ一つ発音します。

 

 

少しずつ近づけて行きながら発音します。

 

最後に、3つぴったりくっつけて
単語(かたまり)として発音します。

この教具
目新しさもあってか好評で
みんな 順番に塊を作りました。

ただ、私が文字を書いた位置が上すぎて
覗き込まないと見えないので
バスケットを横から見たとき ちょうどいいように
改良の余地アリ ですね。



「A Teddy Bear」

これは 私が昔作ったベアの1体。
ある日 「ナナちゃん」と名前がつきました。
抱いているのは当時5歳の孫娘が作ったベアです。
ナナちゃんという名前も、彼女がつけました。
「このベア、かわいいね。」と言うので

「ばあばが 作ったんだよ。」と作りかけのを見せて、

「こういうのを作って くっつけていくんだよ。」
と言うと、
「作りたい!」
「今は無理だから、今度泊まりに来た時にね。」
こんなやりとりの後、

そのままレッスンをしている横でおとなしく何かしていると思ったら、

これを作って、ばあばにくれました。
紙さえあれば、何でも出来る年齢。
うらやましいな~~
で、
テディベアに手足を付けてあげる絵本といったら

これです。

最初、ゴミ捨て場でバラバラになって汚れていたテディ。
悲しげな効果音楽に 涙を流した子もいました。
ひとつひとつ つけてあげながら、

体の部分の英語を覚えます。

楽しみ方1
こんな 福笑いも楽しいですよ。

 

楽しみ方2

写真のような ベアのパーツをビニール袋に入れて
くずかごの中に忍ばせておきます。
「あら!こんなところに 何かが!」と取り出して、
画用紙などに貼って完成させましょう。

 



爆弾(BBカードのゲーム)

お家でも、BBカードで遊ぼう!
BBカードが1セットあれば出来る 楽しいゲームの紹介です。

その3「爆弾」

遊んでいる様子は、ここにあります。

何だかおっかないネーミングですが、Rくんが紹介してくれたゲームです。

準備:BBカード 絵カード64枚のうち 何枚でもOK(多めに)
BBカード 字カード 1枚(これが爆弾です)
サイコロ

遊び方 :
1全部のカードをよくシャッフルして裏返しの山にし、テーブルの中央に置きます
2最初のプレーヤーはサイコロを振って、出た目の数だけカードをめくってセンテンスを言います。
3順番にやっていき、爆弾(字カード)が出たら負けです。

アレンジ:
幼児さんは爆弾が出て負けるより、字カードはラッキーカードで、出たら勝ちとするほうがいいかと思います。サイコロも使わずに、1枚ずつ順にめくって行ってもいいですね。

ドキドキ感がたまらないゲームです。

カードをめくる時センテンスを言うのを、お忘れなく!

BBカードの説明は こちらです。

 

BBカードでたくさん遊んでいるうちに 英文が浸み込み、文法学習の土台が出来ます。
ポピンズ英語教室生のみなさん、
レッスンで英語に触れるのは1週間のうち たったの1時間足らずです。
ぜひ、お家でもBBカードで遊んで下さい!
*これは 以前アメブロに投稿したものです。

 



「BANANA!」魔法の言葉は?

ポピンズでも取り入れている ジョリーフォニックスは、
イギリスの教育を変えたと言われている 英語の読み書きを教える方法です。
これが 日本人の子ども達にもあった指導方法だと確信し、
日本へ広めるために尽力なさっている 山下桂世子先生、
先生が 昨年ブログに
英語以上に、子供の時に習得すべき大切なこと
と題して書かれていますが、

Thank you.

Please.

この 大事な言葉が自然に口に出来るようになりたいものです。

 

この本は、please の大切さを教えてくれます。
「banana」と「please」だけで書かれていますので
小さいお子さんでも 大丈夫です。
*この記事は、以前アメブロに投稿したものです。



浜松近郊のジョリーフォニックスを教えたい先生、保護者さんへ

ジョリーフォニックスをレッスンに取り入れたい!
読み書きの心配なお子さんに ジョリーフォニックスで教えたい!
でも、遠方のトレーニングに出かけられない!そんな先生や保護者のために、浜松で ワークショップをやっていただくことになりました。日時 2017年6月11日(日)11時~16時半(30分の休憩あり)
場所 浜松科学館講座室
トレーナー David Watkins(Jolly Phonics公式トレーナー)
会費 10000円+会場費、交通費22080円を参加者で頭割り
定員 20名(残席8)

ワークショップ内容など

詳しくは こちら≫ をご覧下さい。



夏の英語イベント

夏休みに 英語体験を!

その1 ヤングアメリカンズ アウトリーチ

ひとみ先生、イチオシ!
3日間のワークショップで英語で歌って踊るステージを作ります。

浜松、沼津など 県内でも行われます。
詳しくは ホームページ≫ で

*え~!浜松会場もう定員だそうです。
でも、申し込んで3日目までに送金しないでキャンセルになる例もあるので、
キャンセル待ちするのもいいかと思います(5月25日)

その2 英語キャンプ@焼津

焼津青少年の家で毎夏行われています。
詳しくは フェイスブックページ≫ で

2件とも 教室にフライヤーがありますので、
ポピンズ生で興味のある人は もらっていってくださいね。



砂の城

ずっと以前に 他の先生から教えていただいたゲームです。

カード2枚の センテンスを言ってから、
上手に立たせます。

順番に センテンスを言いながら1枚ずつ加えていきます。

静かに、慎重にやらないと崩れます。
なので、「砂の城」というネーミングをしました。

BBカードについては こちら≫ へ!



「r」の実演

1年生のSちゃんは、この春入会してくれました。丸子の1年生クラスは 園児さんの時にスタートして、フォニックスを18個やっていたので、Sちゃんには その分を追いつくために、別の時間にも通ってもらっています。

今日は そんなSちゃんの補修をやっているところに、3年生が学校から直行でやってきました。

r の音をやろうとしたら、写真のように 犬がラグをくわえて唸っているところを実演してくれました。Thank you! ありがとね~~

BBカードのゲームにも加わってくれました。

2チームに分かれて チップファイト!

It was so exciting! 楽しかったね~~