教室のNGワード

フェイスブックに
こんな記事が上がっていました。

実は、やらない理由は「失敗が怖い」「やり方がわからない」ではなく「面倒くさい」ではないですか?

ビジネス系の記事ですが
実は 私が一番聞きたくなくて
「教室のNGワード」と言っているのが
この「面倒くさい」です。

小中学生が、
学校の宿題や
英語教室でのプリントに
つい、「面倒くさい」
が出ることがあるのですが、

そのくらいで
「面倒くさい」って言ってたら
高校生になったらどうするの!
宿題半端ないよね~

そうだ、そうだ!(by高校生)

先生が今まで見てきた中で
夢をかなえた人は
その言葉を言わなかったよ。

言葉には力があって
「面倒くさい」はマイナスの力を発揮するようです。

私が小さいとき
いろいろ好奇心を持ってやりたがると
母は「それ、面倒くさいよ」って言いました。

私は「面倒くさい」の難易度が分からなかったので
ものすごく大変なことだと思って
やるのをいくつも諦めました。

それは、例えば
新聞紙を一晩水につけておいて
紙粘土を作るなどといった事なんですけどね。

そして
「面倒くさい」という言葉は
やりたいなと思う前に
いろいろなことを
きっと「面倒くさい」だろうな
と思わせるような力を持っていて
好奇心がだんだん薄れていったように思います。

ところが大人になって
「面倒くさい」ことの1つを
何かの拍子にやってみたら、

え?こんなに簡単だったの!

思いのほか簡単でした。
「面倒くさい」って
たいしたことではありません。

なのに
やれることを
阻止する力があります。

だから、私は
「面倒くさい」を
NGワードにしています。



サッカー観戦

昨日は、浜松。
初都田サッカー場へ

一体どこにあるかも分からなかったのですが
浜松のゆかり先生がランチをご一緒くださって
都田まで送ってくださいました。

私は Honda FCファン!
ではなくて、

元生徒の杉田真彦くん が
ソニー仙台の選手の一人として
やってきたのです!

サッカーに疎い私、
10年以上前に
たまたま招待券があったので
生徒さん2人を連れて
ジュビロ磐田の試合を見にいったっけ

途中雨に濡れながら
遠くで ゴン中山がゴールするのを見たっけ

と思い出しながら
今日は、ベンチもすぐ下
選手の顔も見える中で
試合に夢中になりました。

相手は今成績1位の強豪
でも 私には
試合は互角に見えました。

レッスンで
BBカードのゲームを
楽しげにやっていた杉田くん、

その杉田君がゴールしそうになった場面もありましたが
試合はホンダが勝ちました。

自分がスポーツだめで、
肉体と精神の限界に挑戦したことなどなく
真面目にスポーツ観戦したこともないので

目の前の90分は 衝撃でした。
自分が頑張っていないのに、
「頑張れ!」なんて言えないな~

などと、
「若くないんだから自分を労わりなさい」
と言われる歳になってから悟って
どうするんだ!



ハロウィン

ことしは キャンディーハンティングに行かないの?

 

早くも そんな声が出る季節になりました。

毎年楽しみなハロウィンですが、
最近は、とてもメジャーになって
英語教室の外でも、
あちこちで やっていますね。

例えば こちら

10月20日
焼津ハロウィンカーニバル

事前申し込みが必要ですが
賞品が出るようですよ。

 

大きなパーティは
こういった催しにお任せして、

教室では クラス単位で
ミニミニな パーティにする予定です。

勿論、
仮装OK
お友達を誘うのもOKです。

アットホームな ポピンズらしく
クラスで楽しい時を持ちたいと思っています。

 



体で英語をやろう!

本棚の整理をしていたら
過去にやったことのあるものをまとめたノート
「BBカード・ゲーム集」が出てきました。

それを めくっていて
気が付いたこと。。。

 

最近、動きが少ない!

 

そこで、久しぶりに
アソカの園児さんのクラスで、
「ぐるぐるカルタ」を
やりました。

カルタ取りですが、
机の周りを歩きながら
先生がセンテンスを言って
みんなはリピートし、
それから止まって
札を取ります。

見ていた 先輩園児クラスのみんなも、

その次の小学生クラスも

そのまた次の高学年クラスでも

やりたい!
となりました。

座ってやっているときより、
みんなが元気に
大きな声でリピートしていました。

足並みに合わせて
よりリズミカルに言うことができました。

英語をやるなら、
口も耳も、目も、
そして 体も使わなくっちゃ
体で英語を覚えなくっちゃ
ね!



チーム対抗カルタ

木曜日の1時間目、
「源平合戦」というチーム対抗カルタを
しました。

面白くて、カードを変えて3回もやりました。

 

2時間目、
レッスン前に
手品をする Tくん。
お母さんにおしえてもらったそうです。

選んだカードを
当てられてしまいました。

 

今日も蒸し暑くて
クーラーをかけました。

台風のせいで、
千葉では4日も停電しているとか。
この暑いなか みなさん大丈夫でしょうか。
はやく復旧しますように。



ケシゴムのイタズラ

教室を初めて数年目、
うちの3人の子供たちが
小学生のとき使っていたものなど
家の中にエンピツがゴロゴロしていました。

それが、
丸子教室備え付けエンピツの始まりです。

みんなが筆箱を出すと、
机が狭くなるし、

筆箱忘れた!
って人も結構多いし、

さっと書き始められるこの方法、
いいと思っているのですが、

写真のように、
レッスン中に遊んで
エンピツを伸ばすキャップで
消しゴムがくり貫かれてしまいました。

キャップを使ってまで
エンピツを使い終わろうとしていた
倹約家のひとみ先生、

もう、みんな、
筆箱持ってきてください!

って 切れていたんですが、

高校生のIくんに、
「そりゃあ、これが目の前にあれば
やりますよ。
誰でも通る道です。」って
諭されました。

 

ところで、
この消しゴムを 使ってみてください。

消しゴムって、
先の方で消すから
これでも充分用を足す

と思っていたら、
とんでもない!

グラグラして
消しにくい。

下手すると
細めのところから割れてしまいます。

 

 

中身を元に戻して消すと
しっかり消せます。

 

そう、
仕事をしているのは外側でも
中身のないものは
ちゃんと仕事ができないんです。

 

ケシゴムのイタズラで
すごい真理を教えてもらった!

というのが
この話のオチでした。



園児さんのレッスン

季節外れのイースターみたいな写真ですが、

4月スタートの園児さんクラスは
「e」の音をやっています。

私の秘技(?)

この大きな卵を割ったら
何か出てくるから、
みんな、「e?(え?)」って驚いてね。

って割ると
ゼンマイ仕掛けのヒヨコが出てくる

ってしかけ、

無事、成功裏に終わりました。

又、アクティビティ・ブックには
「colors、色」が出てくるので、
イースターで活躍している色卵カードの出番。

下の2曲を歌って
部屋中をタッチ!

絵本は、これを読みました。

 

次回はこれを読む予定です。

 

絵本の後はBBカード。
何でもないことで、笑いころげる
園児さんたち。

やりながら

たのしい!って

何度も言ってくれたので
嬉しくなりました。



JR車掌さんも英語

JR東海道線
車内での次の駅のアナウンス、
いつのまにか
日本語の後に英語でされていますね。

車掌さん、頑張ってるね!

茂木健一郎さんは、
次のように書いていらっしゃいます。

私も、
自身の発音をもっと向上させねばと
常に意識しているので、

つい、「英語警察」になりがちです。

それでは
いつまでたっても
日本人は英語を喋れませんね。

正しい文法、
きれいな発音を心がけることは大事です。

でも
もっと大事なのは
伝えたい心、
話す勇気、
です。

自信を無くさせて
伝えたい気持ちや勇気を
邪魔してしまうようなレッスンにならないよう
心します。



見せパン

BBカードをやるとき
アソカ教室には
うってつけの
マットスペースがあります。

こんな風に、
くつろいでゲームに興じるのですが、

女の子の場合
あまりくつろぎすぎると
ちょっと はしたなくなります。

男女差別みたいなこと言いたくないけど
今日、
「ほら、短いスカートの時は
ちゃんと座って」って言ったら、

「見せパンだから、いいの!」

って言われちゃいました。
なあるほど~~

初めて聞く言葉、「見せパン」
その斬新な響き。。。。

で、帰ってググったら、

ありました!
「見せパン」!

私が知らなかっただけみたいです。

 



改めて音読

中学2年生のレッスンでのこと。

「私の学校では、英語のテストに初めて読む長文が出るから無理!
とても時間が足りない!」との声が上がりました。

だから言ったじゃない!

1年生の初めに
写真のような表を配って

教科書を時間を計って読むよう計画したのですが、
家でのこの習慣は定着しませんでした。

この大切さが
中1の初めでは実感できなかったんでしょうね。

初見の長文を早く読むには
既習の長文をタイムを計りながら読む
1分間に130ワード以上読めるまで
少なくとも30回はこれをやることです。

「え?知っている英文を何度も読むことが
初見の英文を早く読めることになるの?」

そうです。
だって 試験に出る長文って
形、内容は変わっていても
習っていない単語や文法が出ることはないからです。

だから、
教科書を早く読めるようになれば
初見の長文を読むスピードも上がります。

音読は大事!
BBカードだって 音読なんだよ。

「え???」

小学生の時
テキスト渡されて
「30回読みなさい」と言われたらどう?

英語嫌いになっちゃうよね。
英語力を伸ばしたい!
と思っている中学生の今だから
やってみる!って思っているだろうけど、
小学生に言っても無理。
だって 中1のときのみんなも
無理だったものね。
だから カードで遊びながら
何度も英語を言っていたんだよ。

「じゃ、中学の教科書もBBみたいに
カードだといいのに~」

そうだね。
でも、みんな今からこれをやり始めると
後が楽だよ~
中学の教科書の1レッスンって
そんなに長い文章じゃないよね。

あんなに言ったのに
高3の今頃 やっと
{やらねば!」となった子もいるけど
いきなり長い文章だから大変だと思うよ。

9月、
夏休みが明けて
学校が始まって
どの子も やる気を燃やしています。

これが 続くよう
サポートしていきます。