男女対抗戦で燃える

丸子教室、スーパーボールすくい最終日。
たくさんすくった後、先週書きかけたオリジナルカードを仕上げて、

男女対抗ゲーム大会。
先ず、「チップファイト

そして UFOゲーム。

これは 蛇じゃんけんのようなゲームです。
両端からカードを読んで進んで、ぶつかったらじゃんけんをし、
負けたチームは 振り出しに戻ります。

まあ、なんと賑やかだったこと!
この元気で、2学期も頑張ろう~

 

疑いの言葉は慎もう

スーパーボールすくい、大きいのをすくいたいですよね。

今週は、小さなビニールプールでスーパーボールすくいをやっています。

生徒さんに混ざって、私の2人の孫娘もレッスンに参加させていただいているのですが、昨日のこと。

いつ雨が振り出すか分からないので、
来た人から すくっていいよ。 ということにしました。

すると、私が中にいて見ていない時に
6歳の孫娘が ひとりで外にすくいに行って、
一つ入っていた特大のを、
「すくえた!」と持って来ました。

高学年の子なら うまくボールをぽいではねて、
容器に受けて取ることが出来るのですが、
どう考えても彼女がとったとは思えませんでした。

と、完全に疑っていたのですが、ここは信じた振りをして
「すごい!」と言っておきました。

すると、しばらくして、小さな声で
「やっぱり もどそう」と水の中に入れています。

そのすぐ後、4年の男の子が目の前でゲットしました。

「ちゃんと 返して えらかったね」と声をかけました。
もっと 悔しがるかと思ったけど、正直をして心が軽くなってほっとしている様子でした。

子どもは信じてくれる人には答えようと思うんだ、
生徒さんにも 疑うような言い方は慎まなければと思いました。

夏休みの報告(丸子1年生)

今日は、空模様が怪しかったので、
教室に来た人から スーパーボールすくいをしました。
ラッキーなことに 1年生クラスも、その次のクラスも降られずに
何とかやることが出来ました。

夏休みに行ったところ、見たもの、食べたものを発表して
シートに書き込み、一人ひとりスピーチしました。

 

その後、「じゃBBカード」と先生が言うと
みんな 嬉しそう。

今日は振り替えで他のクラスから来た人もいたので
9人で 「1,2,3」をやったら いっぱいカードが合って楽しかったね~

夏休みも終わり

夏休みも今日まで。
レッスンを欠席したキミ、もしかして宿題まだ終わってない?

残念~!
スーパーボールすくい 楽しかったよ!

 

明日から、元気に登校してね!

753

BBカードの絵カード全部を裏にしてドーナッツ型に場におきます。
一枚ずつめくって、真ん中においてセンテンスを言いますが、
7と5と3が出たらその山に手を置きます。
一番遅い人が山を全部もらいます。
最後にもらったカードの多い人の負けです。

女の戦い? 5年前になりますが、
遊んでいる様子はこちらです≫

夏恒例スーパーボールすくいやります(丸子教室)

舞台芸術公園の野外劇場で、

コンテンポラリーダンスを観てきました。

ステージ上の高2のKちゃんを見るのは、ヤングアメリカンズを入れて6回目です。
コンテンポラリーダンスは2度目でしたが、
今回のダンスは激しいものが多くて体力が要るな~と思いました。
Kちゃんはダンスもですが、笑顔がすばらしくて、光っていました。

 

終わったのが9時で、
夕飯を食べてからの一仕事。

明日からの 毎夏恒例、丸子教室スーパーボールすくいの準備、準備!

BBダウト

トランプの「ダウト」です。
絵カード64枚と、ジョーカーとして字カード2枚を良く切って全員に配ります。
トランプなら 順に1,2,3と言いながら出していきますが、
BBカードは カードの番号ではなくてセンテンスを言っていきます。

4年前、中1のHinakoちゃんがFacebookページに投稿してくれたのが こちらです≫

詳しい遊び方の説明も載せています。

ママ、頑張って!

夏休みも終わりに近づいて、
宿題に追われる子どもたち、
お尻をたたくのに忙しいママたちが目に見えるようです。

そんなママに、こんな電子書籍はいかがですか?

実は私も子育てのとき、こういった(紙の)本を読んで
「そうか、明日からそうしよう!」と思ったのですが、
実際はなかなか、いつも言ってる「早くしなさい!」なんて、
言わないほうがいい言葉が直りませんでした。

ママ、大変だけど、頑張って!

 

ダースノート

大好きなチョコレート、の話ではなくて、
中高校生向けサイトのご紹介です。

ダースノート

これから未来を切り開いていくみんなに
先輩からのメッセージです。

英語講師 関正生先生のことば、
「天才達が苦労して発見した『真実』を一瞬で教えてくれるのが『受験勉強』だ。」
に、ハッとさせられました。